薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ペレットストーブ 真夏の展示会 耳寄り情報 | main | pride in VARMONT 視察旅行 その2 >>

pride in VERMONT 視察旅行その1

アメリカの ダッチウエストブランドの薪ストーブを日本に輸入しているのは、帯広にあるダッチウエストジャパン(株)さんです(以下ダッチさん)!
そのダッチさんからアメリカ北東部のバーモントにあるダッチウエストの工場視察を誘われたのは一ヶ月半前のことでした。

わたし自身薪ストーブを取り扱ってから20数年になりますが、薪ストーブ工場って実際見たことがないし、メーカーに直接要望などを言う機会もあると聞いて参加させてもらうことにしました。

バーモントと言えば、西条秀樹のバーモントカレーって言うのが一般的でしょうが・・私たち薪ストーブ屋さんはやっぱり・・バーモントキャスティングスを思い浮かべます。

ところでダッチウエストとバーモントキャスティングスの薪ストーブって同じバーモントにある工場で作られているの知ってましたか!?
だから薪ストーブに機種によっての性能や燃焼システムに違いはあっても、製造方法や鋳物の質、作っている人なんかはまったく一緒なんです!!
国内の薪ストーブ販売店でもこのことを知らなかったり、勘違いして説明していることがありますので注意してね!!


今回のこの視察に参加した薪ストーブの販売店(ディーラー)は以下の通りです。

   ・岐阜県飛騨市  薪ストーブのBee(ビー)さん
   ・福井県福井市  薪と薪ストーブの暖欒(だんらん)さん
   ・香川県観音市  瀬戸内建材さん
   ・熊本県合志市  薪ストーブと薪の店 くぬぎの森さん

と当社の計5社の6名とダッチさんのスタッフ3名の合計9名での視察旅行となりました。

Beeさんとは3年前のソルトレイクシティの展示会視察で一緒でしたし、くぬぎの森さんとは暖炉協会で会ったこがあります。


行程は、成田→シカゴ→ボストン→(レンタカー)→バーモント(復路はこの逆です)の8日間です。

  このまま下手な文章を書いていくと目的地のバーモントにはなかなか着かないことに気がつきましたので、次回からはスピードアップして本題に入ることにします。

次回はバーモント工場を紹介いたします!(まずは時差ボケ直さなきゃ〜zzzzzzz)


   



 (株)北海道リンクアップ 唐 牛 宏 (からうし ひろし)
 







薪ストーブ | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
ARCHIVES
MOBILE
qrcode