薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< されど薪・・・その6(薪割り機) | main | 宇宙を見た >>

されど薪・・・その7(薪積み)

 3月の中旬から始まった薪割り作業も4月の上旬には、玉切・割る作業を終えることが出来て少しホッとしました。


まずは割らないと乾燥しないので、薪割り最優先の3週間でした。

そして次は並べ積まなくてはいけません。

薪積みに関しては、割りっぱなしのまま積み上げっぱなしで、秋口になったら薪小屋に移動するってユーザーさんもいる!



地べたにそのまま積んでいるし、中まで風が通らず乾燥しにくいのではと思うが、

「大丈夫だぁ〜!」

と言い切る。

もしそれでいいのなら・・とても楽ではあるが・・やはり心配!

やっぱ積もう!


今年は薪台に木製のパレットを使う。

パレットがあると薪が直接地面に触れないし風通しもいいので薪が湿気ることもない!

そして何と言ってもこのパレットはタダ!!

札幌の西濃運輸さん(白石区川下)では、引き取りにさえ行けばパレットをタダでいただける!

(個人の方でも貰えます、薪積み以外にも利用してみては!?)


そのパレットに薪を2列に並べる。



下のほうの薪と薪の間に20センチくらい隙間を開けておくと風が通りやすくする。


上から3段くらいの薪は互いに中央で持たれ合わせ、倒れないようにしたい!

そして風向きを考えて並べよう。

薪列に風が直角に当たるように並べるのが一般的。

何列も並べるときは、風上側の薪を井桁組しすると奥に風が抜けやすくなり乾燥が進む!

壁際に積む時も、壁と薪との間に隙間を開けよう!


割っていきなり風通しの悪いガレージや物置に入れると、カビで真っ黒になることもあるので注意を!

  

積み終わったら雨をしのぐ屋根を掛けたい!

※わたしは屋根掛けない派でしたが、昨年の夏の雨(例年の約3倍)で薪の乾燥が遅れてからは屋根掛けるようにしてます。

屋根はブルーシートなんかでもいいし、トタンでもいいですが風で飛ばないようご用心!

側面は風に当てるため基本開放しておきましょう!


そしてすべての作業が終わったら、薪を焚く季節までジッと楽しみにひたすら待ちます。

途中薪を上下・前後を積み替えるなんてマメな方もいますが、それはそれで自分で作った薪がかわいい証です。

自分で作った薪は格別ですからね!



あーーー風吹いてるなーーー!

薪乾くぞーーー!

あぁ〜いいーーー風だーーーー!


衙務て札螢鵐アップ
唐牛 宏 (からうし ひろし)
http://www.h-linkup.co.jp/
| permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
ARCHIVES
MOBILE
qrcode