薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 薪ストーブを語る夕べ 無事終了!その弐 | main | 薪ストーブ講習会の募集経過と実演機種の発表です。 >>

薪ストーブ講座の詳細版です!(完全版)

こんばんは、お父さんのための薪ストーブ講座:担当の湯口です。

早速ですが・・・

「前回のブログから申し込み詳細ページにいけない!!!!」

というお叱りを受け、
「こちらのブログ上で、すべての詳細と申込画面にいける」

ようにしました。

申し訳ありませんが、前回のブログで
申込画面にジャンプできなかった方は、以下の内容で
講習会の全貌をご確認くださいね。:)


お父さんのための

薪ストーブ講習会 を開催します

薪ストーブメーカーごとに4回開催です。

第1回:2015年2月15日(土) 講習対象機種:ダッチウエスト
第2回:2015年2月22日(土) 講習対象機種:ヨツール
第3回:2015年3月1日(土) 講習対象機種:ネスターマーティン・ドブレ
第4回:2015年3月8日(土) 講習対象機種:モルソー・スキャン

興味がある、もしくは自分が焚いている機種を選んでお申し込み下さい。

<各回の共通事項>

講習時間 :1000(0940から受付開始)〜1200まで、その後ピザ昼食&懇親会

会場 : 北海道リンクアップ本社(札幌市中央区南1条西23丁目1-1朝日ビル1F)
   (駐車場は店舗前の有料駐車場をご利用ください) 

参加費 : 2,000円

定員 : 5名(参加者多数の場合は抽選にて→こちらからメールで事前にご連絡します)

参加予約フォームはこちらからお願いします

講習会担当:ニセコ支店 湯口

-------------------------------------------------------------------------------------------------

  

元気いっぱい北海道リンクアップ2014年の
「薪ストーブユーザーをウキウキさせるイベント」第2弾!
(今年は毎月のようにイベントやりますから、キチンと予定開けておいてくださいね!)


 我々リンクアップのスタッフは1月の「薪ストーブを語る夕べ」第2部の懇親会でたくさんの薪ストーブ仲間(お客様)と話す機会に恵まれました。そこでスタッフ全員が(少し酔いすぎて覚えてないこともありますが:)あることを感じていました。それはお客様たちがもっと薪ストーブについて知りたがっている、薪ストーブのメンテナンスを自分の力でやりたいと思っている、ということです。
 ご存じの通り、薪ストーブには機種ごとに最適な運用方法が違いますし、メンテナンス、たとえば天板ひとつ動かす、掃除はどこをすればよいのか・・など知らないと出来ないことが確かにあります。ほかにも「実はもっと効率のいい使い方があるんじゃないの?」「薪の燃え方とダンパーの閉め方の関係って?」「実は触媒についてもっと知りたい」「プロが自宅で焚いているとき、どんな判断基準で動かしているのかを見てみたい」「ここのネジ調整はどうなっているんだろう?」から、「アメリカやヨーロッパの薪ストーブ事情ってどうなの?」「火を見ている時間の意味って」など哲学的なものまで・・。
薪ストーブの世界の深さと言ったら、倶知安町の雪にも勝るのですから(例えが悪いなー)我々は、「じゃあ薪ストーブの講習会みたいなものをやろうじゃないの!」ということになったのです。

名づけて


お父さんのための「薪ストーブ講習会。」

-------------------------------------------------------------------------------------------------
 

この講習会の特徴

・実際に対象メーカーの機種1つを燃焼させて薪ストーブを学びます。
・講師陣は業界リーダーの唐牛氏を中心に経験豊かなスタッフ。
・講習会中は随時、質疑応答可能ですから疑問点がすべて払拭します。
・実際のストーブでメンテナンス実技を実施しますので自分で触って完全理解できます。
・講習会終了後は、おいしいピザをみんなで焼いて食べて語り合いましょう。



こんな方に最適な講習会です


・すでに対象機種を焚いているけど、もっと深く知りたい薪焚人。
・薪ストーブを持っていないけどリストのメーカーに興味があり具体的なことを知りたい方。
・薪ストーブがとにかく大好きでいろんなストーブを焚いてみたい人。
・ひそかに家族に尊敬されたいと思っているお父さん。
 (参加に関する秘密厳守します)
・将来、リンクアップで薪ストーブ屋さんの仲間入りしたいと思っている人。
  →推奨しませんけど(笑)

日時

薪ストーブメーカーごとに4回開催です。

第1回:2015年2月15日(土) 講習対象機種:ダッチウエスト
第2回:2015年2月22日(土) 講習対象機種:ヨツール
第3回:2015年3月1日(土) 講習対象機種:ネスターマーティン・ドブレ
第4回:2015年3月8日(土) 講習対象機種:モルソー・スキャン

興味がある、自分が焚いている機種を選んでお申し込み下さい。

<各回の共通事項>

講習時間 :1000(0940から受付開始)〜1200まで、その後ピザ昼食懇親会を約1時間
会場 : 北海道リンクアップ本社(札幌市中央区南1条西23丁目1-1朝日ビル1F)
   (駐車場は店舗前の有料駐車場をご利用ください) 
参加費 : 2,000円
定員 : 5名(参加者多数の場合は抽選にて→こちらからメールでご連絡します)
 

参加予約フォームはこちらからお願いします


-------------------------------------------------------------------------------------------------

講師紹介


唐牛 宏(からうし ひろし)

「薪ストーブ日和」グループ、北海道リンクアップ代表取締役

誰もが認める北海道・薪ストーブ業界のパイオニア。北海道に本格的な薪ストーブが普及されるずっと前から試行錯誤し、北海道薪ストーブ業界の礎を築いた。道内すべての皆様に薪ストーブの魅力を伝えたい、サービスを充実させたいとの思いではじめた「薪ストーブ日和」グループは全道6店舗。その代表として多忙な日々を送る。その眼力と唐牛節に魅了され、おもわず薪ストーブを買ってしまったお客様(大石、湯口を含む)も多いと聞く。



高橋 宣行(たかはし のぶゆき)

北海道リンクアップ 取締役ストーブアドバイザー

唐牛氏の右腕として薪ストーブ業界を強力に牽引してきた「リンクアップの棟梁であり名プランナー」。薪ストーブの知識が非常に豊富なうえに、薪ストーブと煙突の設置技術はグループの指導的立場にある。リンクアップの二枚看板「唐牛組」「高橋組」の方翼を担う重鎮だけど、実はかなりフレンドリーな41才のお兄さん。



加藤 秀佳(かとう ひでよし)

北海道リンクアップ ストーブアドバイザー

入社6年目、年に数百件の現場をこなすリンクアップで鍛え上げられた強力若手社員。弊社ブログでもお馴染み、30才になったばかりの「薪ストーブ若大将」だが年齢に対する工事経験数は道内随一であり、リンクアップの将来を担う貴重な人材。実は「ハードコアバンドのドラマー」として音楽活動にも精を出すアーティスト。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

この講習であなたは以下のようなメリットがあります。

実技編

・薪ストーブを長年愛用する上で重要なポイントを自分でチェックできる。

・工具を使って薪ストーブをある程度分解できる。

・消耗品(ガスケット等)の交換が自分でできる。

・いろんな着火方法(はじめの燃やし方)を知ることができる。

・できるだけ煙突を詰まらせない効果的な燃やし方ができるようになる。

・おいしいピザを焼いて家族に尊敬されるようになれる。

・同じ志を持つ薪ストーブ仲間と知り合える。

・弊社スタッフと仲よくなれる。(→うぬぼれすぎ?)

知識編

・機種ごとに起こりやすいトラブルとそれを防止する運用方法がわかる。

・なぜ煙突が大事なのか、理論的に他人に説明できるようになる。

・誰もがよく説明できない薪の燃える理論と煙突の詰まる原因が超簡単にわかる。

・1次2次空気量の調整、ダンパーを閉めるタイミングなど、ネットでは知ることのできない知恵を知ることができる。

・触媒の特徴と運用方法について深く理解できる。(対象機種のみ)

・各社の薪ストーブの特徴がおおむね理解できる。

・「正確な知識」に基づいて友人の希望に添った薪ストーブを提案することができる。

あと、

ユーザーさま同志で情報を共有できるのも魅力ですね。もしかしたら一生の薪焚き友人ができるかも知れません。
ではよろしくお願いします!!


参加予約フォームはこちらからお願いします

 

イベント情報 | permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
ARCHIVES
MOBILE
qrcode