薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本のスウェーデン | main | 北欧紀行 Day2 >>

北欧紀行 Day1

デンマーク・スウェーデンより帰国後1週間。

やっとブログのページ開きました。。

時差ボケだったのか、吸収するものが多すぎて
脳が整理するのに時間掛かってるのか
帰って来てから眠い日々が続いてました。

ようやくシャキっとしてきたかなって感じです!!


ではでは。

こんなスケジュールでした◎
Day1 夕方コペンハーゲン到着
Day2 コペンハーゲン近郊の薪ストーブディーラー訪問
Day3 スウェーデンへ移動してコンツーラの会社NIBEへ訪問
Day4 北上しディーラー訪問→薪製造業者訪問→ストックホルム入り
Day5 ストックホルム近郊ディーラー訪問→北欧サウナ体験
Day6 移動日
Day7 日本帰国


-Day1-
成田より11時間のフライト後現地時間16:00頃デンマークの首都コペンハーゲンへ到着。
フライト中30分しか寝れず少々眠たいです。

空港からバンタクシーで街へ向かうのですが、
そこから、一時も景色を見逃せない!

僕もアジア・オセアニア圏には10カ国位旅したことあるんですが
それとは全然違う雰囲気をかもし出してきたのが
このコペンハーゲンでした。

建物、看板、道路、自動車、自転車。
全てが刺激的に目の前に飛んでくる。

ポストやゴミ箱だって魅力的。



これが世界をリードする薪ストーブカルチャーを生んだ街。

着いて一時間もしないうちにどんどんワクワクが膨らみます!

工事現場のプレハブ1つにしたって素敵なんですもんね。

スーパーだってチョコやソースのビン、お菓子のパッケージ。
さすが北欧デザインが生活に溶け込んでいます。
どれもかわいいデザインを魅せられます。
「Irma」っていうスーパーがコペンハーゲンを席巻してるようですね。



建物なんかは、
ここにこの色持ってくるかー!
日本人にはこの感覚持つの難しいだろうなあ
っていう建物がたっくさんあります!
まるで絵本の世界。
生まれた時からこの鮮やかさの中で暮らしているんだから
北欧デザインが世界中で注目されるわけですよね。



どこを歩いても面白い!
気がついたら夜10時。



ってこの時ようやく日没です!!
白夜ってやつですねー。
1週間最後までこれにはなれませんでした。。
だって夜10時半位に暗くなって4時位には普通に陽が明けるんですよ。
生活リズム感覚おかしくなりますよね。

さあそんな刺激をビシバシ受けたコペンハーゲン。
ストーブディーラーはどんなお店作りをしているのか、
楽しみ!



株式会社北海道リンクアップ
加藤 秀佳 (かとう ひでよし)
http://h-linkup.co.jp/

薪の事ならリンクウッドへ!
http://www.linkwoodup.com/
 

ニセコ支店のHP

http://nisekostove.com

薪ストーブツアー | permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode