薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メンテナンス日和 | main | 今年も“日和祭”開催いたします★ >>

炎に求めるもの

施工事例アップしたんでチェックして下さいね◎

http://www.h-linkup.co.jp/works/

 

 

うちら薪ストーブ屋さんが提案するのは

大きくくくると炎のある生活なんですが、

その中で炎に何を求めるかってお客様次第だと思います。

 

皆さんが一番考えるのは

『暖房』ですよね。

 

暖めてくれ!

これが薪ストーブに求める普通の感覚です。

 

だけど近年北海道の皆さんはセントラルだったり

薪ストーブ以外の何かしらの

暖房は新築時導入すると思います。

薪ストーブしか導入してないのは

加藤家含め数える程なんじゃないですか!

 

うちは薪が無くなってしった場合、凍え死にます(+o+)

 

これは北欧でも同じ現象で薪ストーブだけに頼るのではなくて

セントラルありきで薪ストーブも導入するってわけです。

日本との大きな違いは新築時の薪ストーブ導入率。

 

スウェーデン75%。

ノルウェー100%。

(現地でリサーチ済み!)

 

薪の文化がこれだけ浸透している北欧の人たちは

何を求めているのだろうか。

 

セントラルで基本暖房はとれている。

薪ストーブや暖炉に求めるもの。

それって炎の演出で得られる心の癒しなんじゃないでしょうか!

 

という事でこんな演出させてもらいました。

 

 

ニセコエリアのヒラフの住宅です。

 

 

こちらは札幌市内O様邸。

この前のブログで書いたお宅ですね。

 

薪の炎ひとつでこんなに演出の可能性ってあるんですよ!!

 

札幌近郊で毎年たくさんの方にご依頼頂くのですが

メイン暖房として薪ストーブにされる方は

実は多くはありません。

家の性能が素晴らしいからメイン暖房ですら

大きいストーブも要らないし、

北欧がほとんどのストーブがモダンスタイルだっていうのは

そういう事で。

 

夜だけユーザーさんや週末ユーザーさんには

”暖”という事もそうですけど、

どう炎を魅せるか。

 

 

一緒に考えてみませんか!!!!

 

 

 

株式会社 北海道リンクアップ
加藤 秀佳 (かとう ひでよし)
http://h-linkup.co.jp/
薪の事ならリンクウッドへ!
http://www.linkwoodup.com/
ニセコ支店のHP
http://nisekostove.com

 

 

 

薪ストーブ | permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode