薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2016薪ストーブ日和祭(報告2) | main | 2016薪ストーブ日和祭(報告4) >>

2016薪ストーブ日和祭(報告3)

2016薪ストーブ日和祭の紹介、

今回は、各ブース紹介です。

 

 

こちらはチェーンソープロショップの「新谷商会」さんブース

毎年、函館から出店いただいております。

ちとわかりにくいですが、たくさんのチェーンソーとメンテナンスグッズ、

安全装備が展示販売されています。

 

電動(バッテリー)チェーンソーや子供用おもちゃのチェーンソーもあり、

案外ファミリーにも人気ブース。

 

庭木の選定や、いただいた雑木の処理に男性だけでなく女性でも

チェーンソーを使いたいという需要は確かにあります。

 

興味はあるけれど、でも体験できないし、何をしたらいいかわからない

という方には絶好にいいブースがここ、スティールPROショップ。

 

実際に私もこのお祭りで新谷商会さんの商品をチェックしているんです。

チェーンソーのグッズは、なかなか実物確認できないですからね。

で、それをニセコのお客様にフィードバックしているというところがあります。

 

こちらはスタッフによる刃研ぎ講習。

チェーンソーの刃研ぎは、安全に作業を継続するのには重要な技術です。

独学だと時間がかかるので、ぜひ講習を受けていただきたいのです。

 

ニセコでチェーンソーなど販売してて、

「チェーンソーを使うにあたって一番大事なこと(気を付けること)は何ですか?」

 

とたまに聞かれますが、やはりそれは「絶対にケガをしないこと」となります。

 

切れない刃物はケガをしやすい、と言いますがチェーンソーもそのとおり。

切れないソーチェーンで玉切りすると、無理やり押し付けたり、グリグリやったり

したことありませんか?

切れる刃であれば、バターを切るがごとく ですが

切れない刃だと、エンジンに無理がかかり、切りくずは細かい粉になり、それがフィルターを詰まらせて…

そしてそのうちケガをしたり…

 

まあ機械壊れても交換パーツはいくらでもありますが、体の交換パーツはありませんからね。

 

 

 

それにしてもこの自動化、電子化された世の中において

手作業による難しいメンテナンスを要求するマシンがあるなんて・・・

世の中、捨てたんもんじゃないよね、と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

スイッチ一つでポン、の世界を否定しているわけではありませんが、

 

「手間はかかるけれども、このよき世界」

 

が、しっかり残っていることって

超効率化、経済成長を目指している社会から逸脱して

田舎で自然と向き合って暮らしている私の、ちょっとした救いだったりします。

 

ほどよい緊張感と疲労をもたらしてくれるマシン(行為)は

人生の大事なスパイス、もしくはそれ自体が目的になったりします。

 

_DSF8979.JPG

熱心に説明してくださっている新谷さん。

私もチェーンソーのことで分からないことがあれば、いつも電話して

聞いています。

 

ショップは函館ですが、ご用命は薪ストーブ日和グループで

承っていますよ。

 

あら、今回は新谷さんブースの紹介で終わっちゃった。

 

 

ではまた書きますね。

 

 

北海道リンクアップ・ニセコ支店

湯口

 

 

イベント情報 | permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
ARCHIVES
MOBILE
qrcode