薪ストーブ日和

薪ストーブ・ペレットストーブがもたらすゆとりある空間
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< この瞬間がたまらない | main | 正真正銘の雨男 >>

今とそれ以前のお家の薪

リンクウッドで薪を運んでると
薪が大きすぎてこれでは上手く焚けない…と言われたり、
逆に同じサイズのものを別のお宅に持って行っていくと薪が細割すぎてこれじゃ焚きつけだわ!って怒られたり。


(リンクウッドの薪を積み込んでいる時。太いのも細いのも混じってます。)

この違いは何かと言うと、
住宅の気密性とストーブのサイズなんだ!って思います。

ここ10年位の北海道の住宅だと超高気密高断熱なので、低出力の暖房で家中暖められますよって事になってます。
必然とストーブ本体もサイズダウン傾向にあります。

それ位以前の住宅は今の住宅よりも外気温度からの影響が大きいから、
やっぱり現在の長野の人達のように大きいストーブで大きい薪をガンガン焚くって事になるわけですね。

この前のブログで、薪はこぶし大、って書いたけどそれがすべての住宅とストーブに当てはまるわけではなくて、
大きいストーブでガンガン暖めたいって場合は、ストーブも大きいからゴツい薪でも何本も入るから意外と綺麗に燃えるんですよね。
(でもゴツい薪をチョロチョロくすぶらせたり一本焚きは絶対厳禁!!)

今の北海道の住宅となるとストーブも中型以下となるから、ゴツい薪入れちゃうと大体の場合くすぶらせちゃいますからね。そんな焚き方は近所と地球に迷惑がかかるわけです。
だから薪のサイズもこぶし大がちょうど綺麗に燃えるサイズって事になります。

多分この前の薪はこぶし大ってブログみてウチは今までゴツい薪であったかい生活送って来たのにどういうこっちゃ!?
って思った方も多いですよね。
それはこう言った住宅によって変わってきたストーブの違いなんだと思います。


しっかし薪はいつまでも学ぶ事沢山あります。
全て一件一件に合わせて対応出来れば最高だけどそこまでリンクウッドの薪は対応出来ません!
ですので太い過ぎる場合は斧で小割りを、
太めの欲しい場合は注文時に、出来るだけ太めちょうだい!っておっしゃってください。


(配達ピーク時にはアリさんも配達!
ちょっと荒いけど一所懸命です◎)


株式会社 北海道リンクアップ
加藤 秀佳 (かとう ひでよし)
http://h-linkup.co.jp/
薪の事ならリンクウッドへ!
http://www.linkwoodup.com/
ニセコ支店のHP
http://nisekostove.com

| permalink | - | - | pookmark |
RECOMMEND
アラスカ極北飛行
アラスカ極北飛行 (JUGEMレビュー »)
湯口 公
北海道リンクアップ ニセコ支店湯口の著作です。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode